TheBlessedSnake

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Blessed Snake

2017年3月出産予定

妊娠発覚

アメリカから帰国して少し経った昨年6月、夫のスケジュールが1ヶ月ほど空いた時期があった。
そこで急遽ずっとやってみたかったヨーロッパの長期周遊プランを練ることに。
旅好きの私はプランニングがとにかく大好き。
私の中の旅はこの時から既に始まっていて、暫くPCと向かい合ってリサーチの鬼と化す...
行き当たりばったりの旅もそれはそれで面白いのだけど、行きたいところを予めリストアップし、効率よく貪欲に行きたいタイプなのでよっぽどリピートしているかリゾートメインな国でない限り生ぬるいプランは立てない。笑
結局私たちは以下のルートで26日間かけて6カ国を旅してきた。

ロンドン→ブリュッセルアムステルダム→ベルリン→ヴュルツブルク(ロマンティック街道を車で南下)→ミュンヘンマルタ共和国ナポリアマルフィフィレンツェ

 

f:id:gattoburrow:20170204220847j:plain

 

かなり端折って言ってしまうけれど、本当に最高な旅だった。
大好きなアートに毎日触れ、各国の人々の温度、その土地の食べ物、空気や文化を肌で感じた約1ヶ月、これほど長い期間かけて点々と旅した経験が無かったからかずっと興奮気味だったと思う。
もちろんテロがヨーロッパで多発していた時期だったので緊張感もそれなりにあったけどそれもひっくるめて良い経験だった。

帰ってきてからもその思い出に勿体ぶりながら浸りつつ自分の中で消化していた頃、生理が遅れているかもしれない事に気がついた。
何故「かもしれない」のかというと、いつもアプリで記録していたはずの生理日を旅行中で完全に失念していたからだ。
いつ来たのか正確に思い出せなかったため、暫定的に自分で最終月経の日を決め、そこから10日以上遅れたら検査薬をしてみようと決めた。
特に生理が来ない事以外疑うような症状は無かったけれど、12日間を過ぎてもやっぱり来なかったので検査薬を試してみると陽性反応が出た。

それまで子供がいると様々な行動に制限がかかってしまうからまだいいかな、という自分本意な考えがあった私はヨーロッパの旅を終え、ちょうどその考えが変わった頃だった。
私の周りの子育てに追われている大変そうな友人と独身貴族を謳歌してる友人、その割合は50:50だけれど30を過ぎて正直、年齢的な問題が気にならないと言ったら嘘になる。若干の焦りが無かったとは言えない。
それに加えヨーロッパ周遊の旅を終え心が十分に満たされていた事、久ぶりの母国での生活が始まる事からいつ子供が出来ても迎え入れる覚悟ができていいた。
そのためこのタイミングでの妊娠発覚は私にとって新たな刺激となり心から嬉しく思った。