TheBlessedSnake

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Blessed Snake

2017年3月出産予定

出産

出産・入院中のこと

f:id:gattoburrow:20170323161640j:plain

こんにちわ、久しぶりのブログ更新!
この度、ありがたいことに無事元気な男の子を出産することができた。
お産は人それぞれにストーリーや個性があり、計画通りにはいかないものだとつくづく思う。誰かの参考になるか分からないけど私の出産レポを書き残しておきたい。

出産1週間前
この時期くらいから足の付け根や腰痛がみられるようになった。明らかに骨盤が広がってきて出産の準備をしている様子を感じていた。

出産2日前
前駆陣痛らしき下腹部痛と張りが1日を通して何度も襲ってくる。そして胎動が鈍くなったのを感じた。夫婦最後の週末になると予測し、夜ごはんは近所の焼肉屋さんで外食するも夜中に嘔吐&下痢に襲われ散々な目に...

出産1日前
1日ずっとお腹がカチコチに張っていて苦しい。前夜の焼肉による胸焼けなのか夜ごはんは食べれずオレンジジュースを飲むだけに留まる。実は計画入院を翌日の午後に控えていたため最後に入院バッグの準備をしてからamazon videoで久しぶりにSATCを見て就寝。

出産当日
さていよいよここからが出産レポ。時系列に書いていく。

00:50 
明らかに尿とは違う漏れを感じトイレへ。そこまで多く水分が出ていなかった事から破水かどうか疑わしく様子を見ようとしていたところ多めの水分流失+出血(おしるし?)も確認。破水と確信。
01:00
杉山産婦人科に破水したことを伝えるため電話。入院の準備をして病院へ来るよう言われる。その間、単身赴任中の夫に電話をするも寝ていて繋がらず。
01:05 
陣痛タクシーに電話。10分弱で車が到着したので荷物を持って家を出る。日付が変わって入院予定日当日で準備が整っていたためすぐ出発出来て良かった。 
01:30
病院へ到着、そのまま破水の検査をしてもらい破水確定。この時恐らく内診グリグリ的なものをされた気がする。まだ子宮口は開いてない状態とのこと。感染症予防のためLDRへ通され分娩台の上で点滴をされる。
02:30
その後、予約していた個室へ案内され軽くオリエンテーションを受ける。お腹の痛みが出てきたらナースコールをしてとのこと。それから無痛分娩予定だった私、杉山では24時間対応ではないので朝8~9時頃先生が来られてから診察の結果により出産の方針(今日産むか無痛分娩するかなど)を決めますと伝えられた。取りあえずベッドへ入るもなかなかの痛みで我慢できずナースコール。その後陣痛室へ移動する。
04:00
陣痛室に移動してからモニターを付けられ、取りあえず眠気と痛みに耐える。この時点でまだ自分に陣痛が来てるのかどうかも知らなかった。でも度々襲ってくる痛みに耐えかねナースコール。すると子宮口4cm大、陣痛もだいぶ自然に進んでいると伝えられる。この時助産師さんに先生が来るまでまだ時間があるから和痛の注射を提案されたので喜んで引き受ける。
07:45
この注射のおかげで眠ることができ、気付いたら朝8時前に。そしてなんともう子宮口が8cm大になっており助産師さんも慌てる。立会されるなら今すぐ来てもらわないと間に合わないかも!と言われ夫に急ぐようLINE。ちなみに朝6時頃LINEに気づいた夫は新幹線に飛び乗り移動中だった。そして私はLDRへ移動することに。その前にちょっとトイレに行きたいと思うもなかなか出ない。尿意なのか便意なのか赤ちゃんなのかもはや分からなくなっていた。取りあえず陣痛が来るたびに「いてててて...」と唸る。
トイレから助産師さんの肩を借りながら分娩台の上へ上がる。
ここに来て気づいた。私、前日の夜ごはんオレンジジュースしか飲んでいないじゃないか。空腹と陣痛の戦い...
分娩台に上がると担当医が現れ、「どうする?麻酔する?今の状態で叫んでたりすれば麻酔したほうがいいんだけどその様子だと大丈夫だろう」と言われた。無痛は陣痛の痛みを和らげるためにするものだというのに今の私は既に子宮口8cm。ここで麻酔をしてしまうと逆に陣痛が遠のき時間ががかるというデメリットがあるためそんな事より早く産みたい!!!と意を決しそのまま自然分娩で挑むことにした。
08:15
子宮口全開大。
担当医はいつの間にか姿を消し、助産師さんと1:1でお産に挑んだ。立ち会うはずの夫がいない私に水を飲ませてくれたりいきみ逃しの方法を教えてくれたりあまり自然分娩の呼吸法やコツを勉強をしていなかった私はとても助けられた。
08:50
もういきんで良いと言われたため陣痛の波が来たタイミングで腹筋の上部を意識していきむ。なかなかこれに体力奪われるし何より喉がカラカラ。少しづつだけど赤ちゃんが下に降りてきてると言われ気力が回復。
09:15
担当医が現れ「もう頭見えてきちゃってるよ。会陰切開したらすぐ生まれるけどどうする?」と言われる。夫が立ち会うことを考慮してくれて待てるならもうちょっと待つけど、と言われるも私にそんな余裕は無く「早く産みたいので切っちゃってください!」と申告。すると「じゃあもう分娩いっちゃうよ!」という事で一気にお産もクライマックスへ。
09:30
赤ちゃんの頭もだいぶ出てきている最中、ギリギリのタイミングで夫が到着した笑
それから3回ほどいきみ、息子がにゅるんと誕生した。
09:43
この時間が息子が誕生した時間として母子手帳に刻まれた。
生まれてすぐ胸に乗せられた息子を見て涙が出るとかそういう感情ではなく「やっと終わった!お互いお疲れ様!ありがとう!」と清々しい気分だった。
その後すぐ夫と息子は別室に移動し体重測定など一連の動きを経てLDRへ戻ってきた。
隣でスヤスヤ寝ている我が子を見てもまだ実感が湧かず不思議な気分だった。

結局お産にかかった時間は病院に入院した時間から換算され8時間ほどだった。
初産でほぼ1人、予想外の自然分娩となったけど母子ともに健康でこれ以上の安堵感は無かった。産後の経過も良好で切開した傷は2,3日痛み止めを服用したもののドーナツクッションは初日のみ、2日目以降不要だったほどなんともなかった。
これが私の出産レポ。
今はとにかく育児(特に授乳)に試行錯誤し疲弊して自分のことまで手が回らないけど、家族が増えた喜びの大きさを考えたら耐えられる。
これからも一つ一つ問題解決しながら母として妻として成長していきたい。

TRAVEL NOTE:HAWAII 2

Travel Maternity

f:id:gattoburrow:20170304152918j:plain

空港を出てすぐ、迎えの車を待つ間の瞬間にもハワイをすぐ感じらる。

f:id:gattoburrow:20170304152318j:plain

f:id:gattoburrow:20170304152423j:plain

f:id:gattoburrow:20170304152522j:plain

f:id:gattoburrow:20170304152801j:plain

ホテルのインテリアは70年代の古き良きハワイを体現していて、でも今っぽさも織り交ぜている。良くインスタで見かけるカフェ兼ブティックも併設されていて日本人がたくさん写真を撮りに訪れていた。
The Modernの方が個人的には好きだけど、DFSに行くにもワイキキ中心街を散策するには本当に便利な立地なので久しぶりに訪れるには良かったかな。

f:id:gattoburrow:20170304152419j:plain

f:id:gattoburrow:20170304152327j:plain

f:id:gattoburrow:20170304152646j:plain

f:id:gattoburrow:20170304152427j:plain

ホテルにチェックインして荷物を置いたらシャワーを浴びて時差ぼけを防止するためにも早速出歩く。カラカウア通りに入ったらまず大好きなアサイーボウルでエナジーチャージ。もちろんボガーツも好きだけど立地条件でまずはISLAND VINTAGEで。まだシャリシャリなアサイーが暖かい気候に合っていてペロリと食べてしまう。
その後Sephoraを見たり生まれ変わったインターナショナルマーケットプレイスなどをチェック。ここではKona Coffee Purveyorsでデニッシュとアイスラテをオーダー。ちなみにここのデニッシュ類はサンフランシスコで有名なb.patisserieが提供しているもの。シグネチャーのクイニーアマンは少々高いけどバターの芳醇な香りが贅沢でとても美味しい。サンフランシスコは美味しいペイストリー屋さんが多くて私も大好き。

f:id:gattoburrow:20170304152124j:plain

f:id:gattoburrow:20170304152314j:plain

f:id:gattoburrow:20170304152436j:plain

f:id:gattoburrow:20170304152809j:plain

f:id:gattoburrow:20170304152906j:plain

雨が降ったり止んだりの日にノースショア方面へ。
まずはハワイアンの方の神聖な場所であるKukaniloko Birth Stonesで安産祈願をするために立ち寄った。以前はなかった立ち入りを制限する石が並べられていた。どうやら観光客が増えて石に触ったり座ったりする人が増えたことからこのようになったみたい。
ここだけいつ訪れてもやっぱり違う空気が流れているように感じる。
それから亀の甲羅干しを見たりフリフリチキンをつまんだり。

f:id:gattoburrow:20170304152323j:plain

f:id:gattoburrow:20170304152517j:plain

f:id:gattoburrow:20170304152910j:plain

f:id:gattoburrow:20170304152642j:plain

f:id:gattoburrow:20170304152914j:plain

f:id:gattoburrow:20170304152532j:plain

少し前まで危ないと言われていたダウンタウンエリアもだいぶ変わっていた。
ウォルアートがそこら中に描かれているカカアコエリアはNYで言うブシュウィックのような雰囲気も感じられる。ローカルのクラフト系のお店を大事にする風潮はどこも同じなのかな。コーヒー好きな私たちはARVOというオージー系カフェでエスプレッソ用の豆を購入。ここで使われている豆は西海岸で一番好きなカフェ、Sightglassのもの。
チャイナタウンではお決まりのフォーでお腹を満たしてヘルシーに。
今回のハワイでアメリカらしい食事は殆ど取らなかったかも。
夫があまりアメリカンを好まないという理由もあるけど、アジア食がやっぱり一番美味しいし胃に優しい笑

f:id:gattoburrow:20170304152309j:plain

f:id:gattoburrow:20170304152431j:plain

f:id:gattoburrow:20170304152527j:plain

f:id:gattoburrow:20170304152806j:plain

ダイヤモンドヘッドに久しぶりに登ってみたけど天気が良くて気持ち良かった。
30分もしないくらいで割とすぐ頂上まで行けるので運動不足解消にもなる。サンダルはちょっと危ないのでスニーカーで行くことをお勧めする。
夜はちょうど同じ日程で来ていた友達とアラモアナで待ち合わせしてご飯を食べに行き妊娠の報告をしたりもした。アラモアナはなんだかんだ通ってしまうなー。
フードコートが進化してて物凄く日本になっていた...白木屋が幅をきかせている様子。

f:id:gattoburrow:20170304152626j:plain

f:id:gattoburrow:20170304152815j:plain

f:id:gattoburrow:20170304152922j:plain

Kapahulu AveとMonsarrat Aveは美味しいもの通り。
レナーズのマラサダは定番中の定番だとして、ハワイで一番好きなスィーツはDiamond Head Market & Grillのブルーベリークリームチーズスコーンかもしれない。1つが大きいのでお腹が空いてれば食べきれるけど食後のデザートとして食べると2回に分けて食べることになる。絶妙なしっとり具合で超絶好みの味。
日本食が恋しくなったら近くのパイオニアサルーンでテイクアウトしてホテルのラナイで食べたりもした。

f:id:gattoburrow:20170304152537j:plain

f:id:gattoburrow:20170304152631j:plain

f:id:gattoburrow:20170304152636j:plain

f:id:gattoburrow:20170304152819j:plain

久しぶりだったけどハワイはどこを切り取ってもやっぱり絵になる。
本当はハワイ島マウイ島に行こうと思ったけど、CityとLocalがうまい具合に融合したオアフもやっぱり楽しかった。
子供が生まれたら今度は子連れ旅行で再び訪れたい。
どんな旅にするか、しようか考えるだけでも楽しみになる。

出産前のセルフメンテナンス

Maternity

f:id:gattoburrow:20170302185152j:plain

出産前にやっておきたかったセルフメンテナンスは大きく上の5つ。
歯医者に関しては母子手帳や病院でも勧められてるので妊娠中期に行かれる方が多いかと思う。私はツワリも落ち着いた妊娠6ヶ月の頃に歯の状態を見てもらったのだが、すっごく分かりにくいくらい小さな虫歯がその時見つかり治療してもらったのでやっぱり行っておいて良かった。

そして次に美容院。これも殆どの人が行くはず...?出産前に整えておきたい事の一つ!私は9ヶ月(35週)の時に最後の美容院へ行った。今はミディアムくらいの長さだが昔からロングヘアだった私、この際短くいっちゃおうかと気の迷いがあったものの、産後はやっぱり慣れているヘアスタイルの方が自分が楽だというアドバイスをいただいたので結局同じ長さで少しだけカラーをするに留めた。
産後の気分や状況次第でまたイメージチェンジしたくなるかも。

耳鼻科は花粉症対策のために2月に入ってすぐに駆け込んだ。
私は割と重度の花粉症患者で、早いと1月終わりから2月初旬に症状がで始めてしまう。そのため早期対策として耳鼻科で点鼻薬と目薬、そして飲み薬として漢方の小青竜湯を処方してもらった。

また皮膚科に関しては乾燥肌と花粉症も重なり肌荒れをする確率が高いので保湿剤として安くて優秀なヒルドイドを処方してもらう。
また、私が通っている皮膚科では花粉症対策として針治療を実施しているためそれも併せてやってもらったのだがこれが凄く効果覿面。
3月に入った現在、不思議なくらい症状が出ない。少しだけくしゃみがでたりはあるがほんとに1日1回あるかないかレベル。マスクもしていない。
併せて耳鼻科で処方してもらっていた点鼻薬と目薬も併用しているのも効果的かも。
くしゃみのしすぎで腹圧かかりすぎて早産になったらどうしようと考えた時もあったが、花粉に関しては事前対策が大事なので早い段階で準備していると症状の軽さがまるで違うためこれはやっておいて良かった。

www.skincare-univ.com

最後にまつげエクステ
働いていた時は当たり前のようにやっていたマツエクも渡米をきっかけに遠のき4年以上もご無沙汰だった。年齢的な事もありやらない方がいいかとも思ったけどしばらくメイクをしない、時間がそこまで無いという状況を過ごす事になるだろうと思いやってみたらやっぱり良い!楽でしょうがない。今はわざとらしくない自然な仕上がりにもしてもらえるし毛の質も向上していたので軽くてつけてて違和感無いのも良かった。
ちなみにクレンジングはシュウウエムラのオイル派なのだがグリーンのボトルはマツエクも対応しているためそちらを現在は愛用中。

www.shuuemura.jp

他人の手を借りたメンテナンスは以上。
人によっては整体に行ったりヨガやジム、スイミングに通って体を動かしたりしてる人も多いのかな。産後は骨盤矯正に行きたいと思ってるけど余裕あるかな〜。

最後の妊婦検診

Maternity

f:id:gattoburrow:20170301232633j:plain(Dallmayr Kaffee // Munich,Germany)

長かったような短かったような、人生でそう何度も無い「マタニティ」という貴重な時間は間も無く終焉を迎える。
38週の妊婦検診で来週計画出産を控えている私にとって最後の検診となった。
内診を終えてから3回目のNSTでゆっくり横になるもまたしても前回同様終わる寸前になって赤ちゃんの動きが激しくなりブザーが鳴り響いてしまったので時間を少し延長して問題が無い事を把握してもらった。
まぁこちらとしてはゆっくりできるからいいんだけど...笑
いつもNSTではナースの方が最初に体調伺いなど色々と話しかけてくれるので安心するし先生に聞きそびれた気になる事などあれば教えてくれるので助かる。

次にエコーをみてもらったが、特に何事も無くそして入院に際する注意書きが書かれた紙を2枚いただいて終了。今子宮口cm開いてますよーとか赤ちゃんの大きさはこれくらいですーとかそういうのも聞かない限り何も言わない担当医。
私も今回特に質問する事も無かったので「じゃあ来週ね〜」と見送られた。
唯一心配なのはへその緒が1周首の周りに巻きついてるっぽいという事。
以前先生にそうなると帝王切開になるのかと尋ねたところその心配は殆ど無いらしい。
ちなみに子宮頸管の長さは1.6cmで先週と変わらず、恐らく子宮口も柔らかいままなのだと思うが開いてるのかは不明。
巷で良く聞く「内診グリグリ」というものは経験せず終わった。(もしかしたら前処置の時にそれをされるのかもしれないけど...)

先週もそうだったのだが内診の時少なからず子宮内を刺激されるのでお腹が張りやすくなる。今回の検診後も夜はかなり張りが多く、今までなかった腰の痛みまで感じるようになった。来週の入院日までもつのだろうかと心配になるがそれはもう赤ちゃんのタイミングに任せたい。

思い返せば妊娠発覚の喜びも束の間、すぐに初期の辛いツワリを3ヶ月ほど経験しその時は弱ったけど、少しづつ食べて動けるようになってきた中期。この期間は旅行も沢山行ったし友達ともアーティストのLiveや泊りがけディズニーなども行って活発に過ごせた。そして私はエスプレッソ(カフェラテ)を嗜好品としているのだが全く飲む気が失せてた初期の頃が嘘のように中期以降は毎日1杯までと決めてカフェインを摂取していた。後期は子宮頸管短めと診断されて少し行動にナイーブになったもののストレスが一番良く無いと言われ普段と変わらない生活を送った。
おかげさまで正産期まで無事辿り着いて後は最後の妊婦期間を名残惜しく楽しむのみ。産後は自分にかける時間や余裕が一切無くなると言うけど自分はどこまで出来るだろう。心配な事も多々あるけど今は新しい家族が増える楽しみがいっぱいで仕方ない。

TRAVEL NOTE:HAWAII 1

Travel Maternity

妊娠中の海外旅行について書いておこうと思う。
これに関しては行く人行かない人と考えが割れるところになると思うが、私は妊娠期間中に2回海外旅行に行った。
主治医の診断を仰ぎ、自分の体調も問題ないと判断できればあとは本当に自己責任となるので心配性の人はあまり行かないほうが余計な心労が無いので良いと思う。
反対に旅行にいく事でリフレッシュできる、ストレス発散できる!と自信のある人は行けばいいかと。
私は後者のタイプだったので安定期に入ったら夫とどこかに行こうと話していた。そして妊娠6ヶ月の頃に夫婦最後の2人旅となる4年ぶりのハワイへ旅立った。
結果的にトラブルも無く体が軽いうちに楽しい思い出が作れたので行ってよかったと思っている。

The basics

f:id:gattoburrow:20170226115933j:plain

When:10月下旬(妊娠6ヶ月/20週)
Where:オアフ島
Who with:夫
How long:5泊7日
Flight:NRT >>> HNL(ANA
Stay:The Surfjack Hotel

Prepare for a Trip

f:id:gattoburrow:20170226120251j:plain

1,フライト予約
フライトはANAマイレージが貯まっていたのでそれを利用して予約した。
旅行を決めたタイミングが割と遅かったので、羽田便は人気で空席が無かったけど成田便は運良くいい日程が空いていたので即決。今年の夏からはホノルル線でもプレミアムエコノミーが導入されるので次回行く時はこれで行きたい!
ちなみにANAの空港カウンターなどでマタニティマークをくださいと申し出るとマタニティーマークをいただけるので私は帰国後ずっとこれを使っていた。

www.ana.co.jp

www.ana.co.jp

2,ホテル予約
今回久しぶりのオアフ旅行だったため、いつもなら避けるワイキキも散策したいと思い中心街のホテルをセレクト。リノベーションして生まれ変わったサーフジャックホテルの立地は便利でちょうど良かった。
部屋も可愛いしアメニティも大好きなイタリアのダヴィネスだったため嬉しかったのだけど…最初に案内された部屋がコネクトルームになっている一室で、隣には日本人の女の子グループ5,6人が滞在していた。
これが兎に角騒音で眠れないくらいに煩い。
女同士の旅行で楽しいのは心から理解するけどClub帰り夜中2,3時からのシャワー続きやお喋り、音楽が容赦無く響いてきて寝不足になった。
そのため翌朝すぐに部屋の変更をお願いした。
次の部屋でその騒音からは解放されたけどこのホテルは全体的に壁が薄いみたいで少なからず隣の部屋の音が気になった。音に敏感な私は残念だけど次回の宿泊は無い。

3,ホノルル空港⇆ホテルの移動手段
行きは空港送迎定額料金が売りのチャーリーズタクシーを予約してホテルまで移動した。(定額料金+チップ$35)
帰りはUberを利用してホテルからホノルル空港まで。(全て込み$24!!)
本当は往復共にUberが安くて良いのだけど、ホノルル空港の到着ゲートはUberの乗り入れ規制がかかっているので入ってこれない。そのため帰りのみ利用したのだが、ドライバーに話を聞いたら行きもレンタカーの営業所まで行けば乗り入れ出来るらしく利用可とのこと。次回はその手を使いたい。

4,レンタルWi-Fi予約
ネット人間+Google Mapをレンタカー中にカーナビ代わりに利用するのでWi-Fiをレンタルしていく。今回はALOHA DATEを予約した。

5,妊婦も入れる保険の加入
念のためAIUで妊婦も入れる保険にネットから加入しておいた。(22週未満が条件)
7日間で7,000円弱程度。

6,レンタカー予約
H.I.Sレンタカーはガソリン満タン不要で返却出来、最低限の保険も付帯しているので便利。

7,成田までの空港リムジン予約
8,ESTA申請

How to stay comfortable on a flight

f:id:gattoburrow:20170226120652j:plain

6ヶ月に入りそこそこお腹もふっくらしてきた頃。
ツワリはおさまっていたし体調が悪いところも無かったので基本的にはいつもと変わらず。ただし浮腫まないようこまめにトイレだけは行くように心がけた。
CAの方も妊婦と分かってるので色々気にかけていただけるのはさすが日系の航空会社だと思う。

Careful tips travel during pregnancy

f:id:gattoburrow:20170226121142j:plain

葉酸サプリは持参して毎日飲んでたけど、動く事にはそこまで制限をもうけず割とアクティブに過ごした。
ダイヤモンドヘッドも登ったし自転車も乗っちゃったし沢山歩いた。
後は毎晩習慣にしてるストレッチをして美味しいものを沢山食べて良く寝る事!
食べ物に関しては大好きなアサイーボウルとかスムージーを毎日飲んでたので自然と鉄分やビタミンを摂取出来てた気がする。
アヒポケ丼(マグロ)も夫が食べてる物を少しもらっちゃったりして...神経質になりすぎるのも良く無いので食べたいものを沢山食べた。

Shopping

f:id:gattoburrow:20170226124255j:plain

ベビーグッツの買い物はそこまでしなかった。
みんながまず手を出しそうな洋服に関しては1着も買わず...何故かというとこの時点で何が何枚、どのサイズが必要かが明確じゃ無かったから。洋服は本当にサイズ選びが難しいなと思ってて、うちは3月生まれなので寒いと温かいが入り混じる難しい季節。
産まれてくるときどのくらいの大きさかにもよると思ったので無駄に買わない事にした。その代わり、アメリカは手頃な価格でオーガニックのベビー用スキンケアグッツが豊富に売っているのでそういうものを中心に購入した。
それと友人から持ち歩きのお尻ふきとして便利で可愛いとお勧めされたHuggiesのClutch n CleanもWalmartなどの大型スーパーで購入。(日本だと高いね...)

www.amazon.co.jp

そしてハワイと言えば、のベビー用品代表格であるエルゴのアダプトをアラモアナのノードストロームで購入した。
これはいくつかベビー用品を扱ってるお店を回って価格チェックをしてみたけどどこも変わらずだったのであったら買っておくのが時間の無駄遣いにならなくて良いと思う。
ちなみに私が行ったときもやっぱり人気らしく欲しかったブラックは残り1つしか無かった。別の日にまた訪れる機会があったので在庫を見てみるとどの色も完売していたのですぐ買っておいてよかった。今の在庫状況はどうか分からないけど...
ちなみにTax込みで$150程度で購入。
次回ハワイの思い出を写真中心に載せていきたいと思う。