TheBlessedSnake

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Blessed Snake

2017年3月出産予定

マタニティアンダーウェア

Maternity 出産準備

f:id:gattoburrow:20170215235551j:plain

妊娠発覚後にみるみる違和感を覚えたのは、間違い無く胸周りだった。
妊娠初期と言われている時期はお腹はすぐに大きくならないしツワリで4,5kg落ちてしまい逆に普段よりスッキリしてしまったほどなのでショーツは普段履いているもので十分だった。
私がまず最初(4ヶ月12週目)に購入したのはUNIQLOのエアリズムブラキャミソール。
普段Mサイズを着用していたけど段々アンダーがきつく感じてきたため2サイズアップしたXLを試着した末に購入。
ちなみにエアリズムは季節問わず着用できるし、キャミソールタイプだとお腹も冷えないのでこのシリーズが好き。
そしてこの時点でそこまで余裕が無かったため、また苦しくなると予想して1枚だけ追加した。
結果、今はブラトップ自体の着用を止めている。

www.uniqlo.com

ちなみにショーツに関しては初期から臨月に入った今でも同じサイズのウルトラシームレスショーツを愛用している。
これは本当に苦しくないし妊娠期間中ずっと使えるのでコスパ含めてお勧め!

www.uniqlo.com


その1週間後たまたま立ち寄った赤ちゃん本舗で授乳にも使えるハーフトップブラという商品を買ってみたものの縫製の問題なのか肌あたりが合わず使わずに眠っている。

次に(5ヶ月16週目)購入したのは無印良品のシルク入りマタニティインナー。
シルク入りは肌触りが良く、もちろん暖かいし授乳時にも使えそうな胸の開き具合だったため2枚購入した。
これが大正解、締め付け感が無くお腹周りもしっかりカバーしてくれ柔らかい素材のため着心地最高。
夏の暑い時期以外だったらこちらも長く使えそう。

www.muji.net

また、同じ時期に義理母からワコールのマタニティガードルをプレゼントしていただいた。
これはお腹をマジックテープで止めるベルトで支えるタイプのもので中期に一番出番が多かった。
一応産前対応という謳い文句だけど私には後期のお腹をこれでカバーするには苦しく感じたため8ヶ月頃に使用を止めた。

store.wacoal.jp

最後に辿り着いたアンダーウェアはSALON by Peach Johnのもの。
ここでは6ヶ月23週頃から少しづつショーツやブラトップ・ワイヤレスブラなどを複数枚揃える結果となった。
もちろん今でも毎日のように愛用している。
決め手は素材、質、デザイン、着心地を含めた妥当な価格設定。
特にシルクレーヨンシリーズは1枚持ってても損は無いはず、というくらいお勧め。
女気の無いUNIQLOよりこっちの方が何倍もテンション上がるし、シルクの肌触りが優しくてたまらない。
春の新作も少しづつ出ているので産後も色々揃えたいと思っている。

www.peachjohn.co.jp

www.peachjohn.co.jp

www.peachjohn.co.jp

私のマタニティアンダーウェア事情はざっとこんな感じ。
結局ショーツはユニクロのシームレスをメインにたまに可愛くSALONのものを。
ブラに関してはもともと締め付け感があるタイプが苦手だったためいわゆるカップ付きインナーがメインとなり肌触りがいいかどうか、苦しく無いかが決め手となったかな。